ITはサービスを見抜く~サーバーはサービス力で差が出る~

需要がでてきた

ブルーレイデュプリケーターの役割

現在では豊富なデジタルデータを扱うケースが増えています。それに従い、データの複製や、万が一の時に備えたバックアップのためのコピーをするケースも多くあります。 そうした大量のコピーをする目的を実現する機器の1つとして、ブルーレイデュプリケーターと呼ばれる機器が作られています。 デュプリケーターとはそもそも、複製する機械という役割があります。ブルーレイデュプリケーターとはすなわち、何らかのデータを複数のブルーレイディスクにコピーする機器の事を指しています。 従来、データを別の個所にコピーする時は、パソコンを介して行う事が一般的でした。それはかなりの手間となるため、ブルーレイデュプリケーターの様な複製機を使う事で、パソコンを介さずに記憶装置から直接、大量のディスクへのデータコピーを可能とした背景が、誕生の理由に挙げられます。

今後の用途拡大の可能性

ブルーレイデュプリケーターの様な一括大量データコピー機器は従来、大量のデータを扱う映像関係の様な業種で多く使われていたとされます。こうした業種では、1つの大量データを配布用などの目的のため、一括コピーする必要性が高かったためとされています。 また現在では、ハードディスクからのコピーも可能となっている機種があるため、利便性も挙がっているとされます。 そのため、何らかのデータを扱う作品を大量に提供したい場合や、イベントの撮影映像などを配布したい場合に、データコピー機の意気が増すとされています。特に高画質の映像データなどの場合は、データ量が他のディスクでは対応し切れないケースもあるため、ブルーレイデュプリケーターによる複製が有効とされています。